オートバイの登録変更

オートバイやミニバイクを所有している方は引越し前にバイクの登録変更が必要になります。

変更手続きはバイクの排気量と引越し先の住所によって異なります。

ただ、どの場合でも車名と型式、車体番号、機関番号、総排気量(もしくは定格出力)、型式認定番号などは控えておきましょう。

なお、軽自動車や普通自動車については引越し先の住所地を管轄する軽自動車検査協会や陸運支局で手続きをおこないますので引越し前の手続きは不要となります。


原動機付自転車(50~125cc)

オートバイ1

原動機付自転車は所在地の市区町村が管轄になりますので同じ市区町村への引越しの場合は手続きは不要で、ナンバープレートもそのままで大丈夫です。

他の市区町村へ引越される場合はナンバープレート、標識交付証明書、印鑑を持って行き廃車証明書を交付してもらいます。

ナンバープレートははずして持っていってかまいません。

そして引越し後に新しい住所の市区役所、町村役場に廃車証明書と新しい住民票などの新しい住所確認ができるものと印鑑を持って行き新しい標識交付証明書とナンバープレートを発行してもらいましょう。

もし引越し先までバイクに乗って行きたいという場合は新しい住所の市区役所、町村役場にて廃車と新規登録を同時に行うことも出来ます。


軽二輪車(126~250cc)

オートバイ2

住所地の陸運支局が管轄となりますので管轄の陸運支局が引越し後に変わるかどうかで手続きも変わります。

ただ、どちらの場合も引越し前の手続きは必要ありません。

引越し後に管轄の陸運支局が変わるときは新しい住所の管轄の陸運支局へ旧ナンバープレート、軽二輪車届出証明書、新しい住民票(発行後3ヶ月以内)、自動車賠償責任証明書、印鑑を持って行き使用届を提出します。

その後、新しいナンバープレートと軽二輪車届出証明書を交付してもらいます。

引越し後に管轄の陸運支局が変わらない場合は管轄の陸運支局へ軽二輪車届出証明書、新しい住民票(発行後3ヶ月以内)、自動車賠償責任証明書、印鑑を持って行き住所変更の届出を提出します。

この場合ナンバープレートは変わりません。


自動二輪車(251cc以上)

オートバイ3

こちらも、住所地の陸運支局が管轄となりますので管轄の陸運支局が引越し後に変わるかどうかで手続きも変わります。

どちらの場合も引越し前の手続きは必要ありません。

引越し後に管轄の陸運支局が変わらない場合は管轄の陸運支局へ軽二輪車届出証明書、新しい住民票(発行後3ヶ月以内)、自動車賠償責任証明書、印鑑を持って行き住所変更の届出を提出します。

引越し後に管轄の陸運支局が変わる場合は上記のものに加えてナンバープレートを轄の陸運支局へ持って行き新しいナンバープレートを交付してもらいます。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


1週間前までにはすませたい手続き もくじ
  • オートバイの登録変更

    オートバイやミニバイクを所有している方は引越し前にバイクの登...

  • 各保険の住所変更手続き

    引越しに伴い、各種保険についても住所変更に伴う手続きがありま...

  • 銀行などの住所変更手続き

    引越しに伴い、銀行や郵便局の口座についても住所変更に伴う手続...

  • 郵便局への連絡と児童手当の手続き

    郵便局に郵便物の転送を依頼する 引越しの忙しさにまぎれて忘れ...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved