荷物の積み方

レンタカーで引越しをする場合、当然ながら荷物の積み込みも自分でやることになります。

そしてプロと素人の差が一番でるのがこの荷物の積み込みであるとも言われています。

素人は荷物の積み込みを簡単に考えて何も考えずにバラバラに積み込みますがプロは新居に着いたあとのダンドリや運送中の安全性を考えて積み込みます。

もちろん素人がすぐにプロ並みの荷物の積み込みができるわけはありませんが、簡単なコツは知っておいたほうがいいでしょう。

運送中の荷物の落下防止

積荷

アルミバンタイプやワンボックス車は心配ないのですが幌つきもしくは幌なしのトラックを借りる場合、運送中の荷物の落下を注意しなくてはいけません。

幌がついていれば大丈夫、と思う方が多いのですが、荷物が幌と荷台の隙間から落ちることがよくあるのです。

これを防ぐにはベニヤ板を荷台の四方に備え付けます。

また幌が付いていないトラックの場合は必ずシートをかぶせてください。

シートは荷台全体を覆えるくらいの大きさでなければいけません。

そしてそのシートの上からしっかりとロープをかけます。

こうしておけば運送中に荷崩れしてしまう心配がなくなります。

シートやロープはレンタカーの営業所で有料で借りられますのでついでにロープのかけ方などを教えてもらうといいでしょう。


荷物の積み込み方

荷物の積み込み

荷物の積み込み方のコツとしてはまず最初に荷台の両側におおかな家具を積み込み内側に小さな荷物を積み込みます。

小さい荷物を両側に積むと運転中の振動で荷物が落ちてしますのです。

その時に使わない毛布などを家具にかければ運送中にキズがつきにくくなります。

そして重いものを荷台の奥に乗せます。

その上に軽い荷物を乗せ、進行方向に寄せるように積み上げていきます。

滑りやすいものや倒れる危険性のあるものはできるだけ前のほうへ乗せます。

乗せながら全体のバランスを考えて前後左右に重量が傾かないようにチェックします。

バランスが前後に偏っていたらブレーキのききが悪くなり、左右に偏っていたらハンドルをきったときにバランスを崩して最悪横転してしまう危険性があるのです。

そして最後に荷物の間に毛布などで詰め物をしておきましょう。

家具のキズ防止のためでもありますが、隙間があると振動で荷崩れを起こす危険性があるのです。


運送中の注意


走行中に荷台で異変を感じたり、変な物音がしたらすぐに車を路肩によせて荷物をチェックしましょう。

もし荷崩れがあったら必ず積み直してください。

また、荷物が落下してしまったらすみやかに回収してください。

その際、事故に遭わないように同乗者がいればその人に車の確認をしてもらったほうがいいでしょう。

ほとんどの人がトラックに乗りなれないので運転はあまり無理をしないでスピードも遅くし、車間距離も十分にあけるようにしてください。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


レンタカーでの引越し もくじ
  • 荷物の積み方

    レンタカーで引越しをする場合、当然ながら荷物の積み込みも自分...

  • レンタカーの保険

    レンタカーでの引越しで一番心配なのが事故を起こしたときでし...

  • レンタカーの料金

    レンタカーの料金内訳 レンタカーの料金は以下の料金の合計で...

  • レンタカーを使うメリット・デメリット

    人手は知り合いをあつめて何とかできるけどお金がないという方...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved