荷造りの仕方(食器類)

食器

梱包が一番難しいのが食器類などの割れ物類でしょう。

割れ物類の梱包のコツは

・割れ物同士が直に触れ合わないように1つづつくるむ

・ダンボールに詰める時は底に新聞紙などを敷いてクッションをつくる

・詰める順番は重いものが下に、軽いものが上になるようにする

・茶碗やカップは伏せて、お皿は縦にして詰める

・箱の四隅の隙間には新聞紙やタオルをつめてクッションにする

・箱に業者が分かるように「割れ物注意」と書いておく

クッションは新聞紙でも大丈夫ですがもし予算に余裕があるようでしたらエアキャップ(プチプチ)などの緩衝材を購入するとより安全です。

業者によっては無料で分けてくれるところもありますので見積もり時に聞いてもいいでしょう。


茶碗・皿・グラス

皿

重ねられるものは一つづつ新聞紙にくるんでからさらにそれらを重ねた状態で新聞紙にくるんで紐でしばりましょう。

グラスなどは箱詰めの時に一番上にいれるようにしましょう。


ビン

ビン

同じダンボールに詰めるビンはなるべく同じ大きさにそろえてビンの間にはダンボールなどの厚手の紙を入れてクッションを作りましょう。

また、ビンを詰めるダンボールは蓋を内側に折り込んでおいて中身が見える状態にしておきましょう。

これはビン類を一番上にするために一目でわかるようにするためです。

また、まだ中身の入っているビンの場合は万一を考えてビニール袋に入れてから新聞紙などでくるんでください。


包丁・ナイフ・フォーク・スプーン・箸

ナイフ

包丁やナイフなどの刃のあるものはむき出しで詰めるわけにいきませんのでダンボールなどの厚手の紙で刃の部分をくるんでガムテープなどでしっかり固定してください。

また箱に詰める時には荷解き時のケガを考えると一番下に詰めたほうが無難でしょう。

フォークやスプーン、箸はまとめて輪ゴムなどでしばり、透明のビニール袋などに入れておきましょう。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


荷物の荷造り もくじ
  • 荷造りに必要な資材

    ダンボール 引越しの資材で一番必要といってもいいのがダンボー...

  • 荷造りの手順

    梱包の材料を用意する 梱包資材で最も使うのがダンボールを新...

  • 荷物のリストを作成する

    最近では引越し業者に荷造りや掃除まで依頼できるサービスがあ...

  • 荷造りの仕方(家電類)

    電気製品の梱包は購入時の箱が残っていましたらそれを使ってく...

  • 荷造りの仕方(食器類)

    梱包が一番難しいのが食器類などの割れ物類でしょう。 割れ物...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved