荷造りの手順

荷造り


梱包の材料を用意する

梱包資材で最も使うのがダンボールを新聞紙です。

新聞紙は通常の引越しで1月分くらいが必要になりますので早めにためておきましょう。

ダンボールは引越し業者から購入することも出来ますが業者からの購入は高くついてしまいますので節約したいという方はスーパーやコンビニで分けてもらうといいでしょう。

ダンボールをもらう際の注意は出来るだけ大きさをそろえるということと、生ものが入っていたようなものは避けるということです。

必要なダンボールの量は見積もり時に業者に相談すれば目安にはなります。


荷物を詰める順序

荷物を詰める
基本はあまり使わないものを先に詰め、重いものを下に詰めるということです。

来客用の寝具や本、、シーズンオフの衣類など使う頻度が少ないものから詰めていきます。

そして出来れば重いものはまとめて1つの箱に詰めたほうがよいのですが軽いものと重いものを混在して詰める場合は必ず重いものを下に詰めてください。

そうしないと運搬時にバランスが悪く荷物が安定しないのです。


衣類の分けかた

衣類
衣類はタンスの引き出しごとに箱に詰めるといいでしょう。

その際はダンボールに「○○ダンスの3段目」などと表示しておけば引越し後の荷解き時の整理が効率的にできます。

クローゼットにハンガーでかけてあったものはハンガーのまま箱に詰めれば引越し後に便利です。


ダンボールの底蓋をガムテープで止める

ダンボールの底にやたらとガムテープを貼る方がいますがあまり貼りすぎると運搬時に滑って落としやすくなりますのでやめたほうがいいでしょう。

基本的にはダンボールの綴じ目に沿って貼るだけで大丈夫です。

重いものを入れるときには直角に十字になるように横にも張っておけば十分です。

また底蓋をねじって互い違いに綴じる方もいますがこのやり方は底が抜けやすいのでやめておきましょう。


ダンボール箱に中身と番号を書く

ダンボールへ荷物を詰めたらそれぞれに通しで番号をふり、中身も記載しましょう。

これは大きい文字ではっきりと書いてください。

さらに新居での置き場所も記載しておけば業者の作業員の方も搬入がしやすいでしょう。

もしダンボールがもらい物で文字や絵がダンボールいっぱいに印刷されている場合は、荷札を作っておきダンボールの上か横に貼っておきましょう。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


荷物の荷造り もくじ
  • 荷造りに必要な資材

    ダンボール 引越しの資材で一番必要といってもいいのがダンボー...

  • 荷造りの手順

    梱包の材料を用意する 梱包資材で最も使うのがダンボールを新...

  • 荷物のリストを作成する

    最近では引越し業者に荷造りや掃除まで依頼できるサービスがあ...

  • 荷造りの仕方(家電類)

    電気製品の梱包は購入時の箱が残っていましたらそれを使ってく...

  • 荷造りの仕方(食器類)

    梱包が一番難しいのが食器類などの割れ物類でしょう。 割れ物...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved