荷造りを開始する

荷造り

直前になってあわてないためにも引越しの2週間前には荷造りを始めましょう。

荷造りの時に注意しなくてはいけないことは


・ダンボールに詰める量は一人で持ち運びできる重さにする

・新居での置き場所と通し番号を記載する

・新居でダンボールを開けたらすぐに使える状態にしておく


といった点です。

荷造りは上記のことを守っていれば大きい間違いはありません。

一気にやるよりも普段使わない物から毎日少しづつやる方がいいでしょう。

本やCD、来客用の寝具やシーズンオフの衣類などが普段使わないものの代表です。

また、本などはまとまるとかなりの重さになりますので詰めるダンボールは小さめの方がいいでしょう。

もし大きいダンボールに入れてしまうと引越し当日に搬送中に腰を痛めてしまうことだってあります。

そしてピアノや冷蔵庫、仏壇などの大きなものや美術品やシャンデリアなどの素人では取り扱えないものは業者に任せるようにしてください。

レンタカーなどを使用して業者に一切任せず自分で引越しをするという場合は仕方ありませんが、こういったものを荷造りする場合は見積もり時に業者に相談しましょう。

また荷造りについての詳細は「荷物の荷造り」にまとめましたのでそちらをご参照ください。

引越しの荷造りは家のものを全てチェックできる機会でもありますので荷造り作業をしながら不要なものを選別してそれらをまとめて捨てるといいでしょう。

ただその場合粗大ゴミは収集日の関係で早めに出さないといけませんので注意してください。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


2週間前までにしておく引越し準備 もくじ
  • 転居通知(挨拶状)の作成

    忘れがちなのが引越し後に知り合いに配る転居通知の作成の準備...

  • 荷造りを開始する

    直前になってあわてないためにも引越しの2週間前には荷造りを...

  • 新居のレイアウトと購入するものを決める

    新居のレイアウト 新居での下見をする時に家具の配置などのレイ...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved