基本的なトラブル対処のしかた

トラブル

引越しのトラブルは大きく分けて


・追加料金に関するもの

・荷物の破損、紛失に関するもの

・キャンセル料に関するもの


の3つに分けられます。

トラブルが起こった場合、まずは全国の消費者センターかもしくは社団法人全日本トラック協会に連絡してください。

連絡の際は冷静になりいつ、どこで、どの業者と何が起こったのかを正確に伝えましょう。

以下にそれぞれのトラブルの予防、対処などを説明します。


追加料金の発生

追加料金

引越しのトラブルで一番多いのが引越し完了時に見積もり料金以外の代金を請求されるいわゆる追加料金の発生です。

ただ、追加料金に関しては引越し業者の選び方を間違えなければトラブルの原因は利用者にあるという場合が多いです。

その原因の一つは引越し当日に作業員が来てもまだ荷物の荷造りが終わっていなかったため作業時間が見積もり時よりも延長してしまったり、下見を十分にしていなかったため新居を十分に把握しておらず、たとえばタンスが大きすぎてドアから入らず特殊機械でベランダから吊り上げなければいけなかったりという場合に追加料金が発生してしまうというケースです。

もう一つは、てっきり無料だと思って頼んだサービスが実は有料だったという勘違いから起こるケースです。

前者の場合は引越し前の準備をきちんとして下見を十分にすれば防げますし、後者は双方の行き違いがないように見積もり時に料金があいまいなものはそのサービスがいくらかかるのかを確認するようにすれば防げます。

荷物の破損、紛失のトラブル

荷物

荷物の破損、紛失のポイントは引越し業者の作業員の前で確認するということです。

引越し荷物の壊れやすいものや高価なもの、精密機械などは新居への搬入後、できるだけ作業員が帰らない間に確認してもし破損や紛失があった場合はその場で交渉しましょう。

その際には引越し前の写真をとっておくと引越し時についたキズなどの証拠となります。

時間的にその場で確認することが難しく、引越し後に破損や紛失を発見した場合はできるだけ早く引越し業者に連絡してください。

引越し後3ヶ月以内であれば運輸省の定めた標準引越運送約款の規定により運送保険に入っていなくても業者の責任で生じた損害は賠償されることになっています。

エアコンやファンヒーターなどの使わないシーズンがあるものは確認が遅れて3ヶ月以上たった後で損傷が発見されるという場合が多いのでこれらも早めに動作確認をしておきましょう。

キャンセル料のトラブル


輸省の定めた標準引越運送約款の規定で引越しのキャンセル料は


・2日前までのキャンセルは無料

・前日のキャンセルは見積もりに記載された運賃の10%以内

・当日のキャンセルは見積もりに記載された運賃の20%以内


となっております。

なお、オプションサービスについてはキャンセル料金は発生しません。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


引越しのトラブル もくじ
  • 引越しのトラブルとその対応法

    引越しの際に荷物が破損、紛失した 引越しの配送中に荷物が破...

  • 敷金返還のトラブル

    最近増加しているのが本来保証金として預けてあった敷金を貸主...

  • 住まいの鍵に関するトラブル

    鍵をなくしてしまった もし借りているアパートやマンションの...

  • ダブル家賃

    引越しが決まったら引越し前のアパートやマンションの大家さん...

  • 基本的なトラブル対処のしかた

    引越しのトラブルは大きく分けて ・追加料金に関するもの ・...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved