ヤマト運輸の解説

ヤマト運輸のあゆみ

ヤマト運輸といえばほとんどの方がクロネコヤマトの宅急便を連想されるでしょう。

もともとヤマト運輸は大和運輸という名称の一般的な運輸会社でした。

創業者、小倉康臣が始め1919年でトラック4台からのスタートでした。

1949年の東京証券取引所再開とともに株式を上場し、1955年には国際航空輸送協会(IATA)より貨物取扱代理店の公認を受けるというように快進撃を続け、一時期は運輸業界でナンバー1の規模にまでなったほどです。

しかしそのころから運輸業界はそれまでの労働集約型から設備産業に重点を置く業態に変化していきます。

ヤマト運輸がそれまでのやり方を変えずにいたのに対して他社は長距離路線拡大に路線を変更し、それに見合ったトラックターミナル建設や作業の機械化、トラックの大型化といった長距離路線に合った設備の充実を図っていました。

こうして業態の改革に遅れたヤマト運輸は日本通運だけでなくそれまでヤマト運輸の後方に位置していた西濃運輸、日本運送、福山通運にも抜かれてしまいトップ企業から転落してしまいます。

そのヤマト運輸が巻き返しに出たのが1971年、創業者の長男、小倉昌男が社長に就任してからです。

小倉昌男社長が起死回生の策として打ち出したのがヤマト運輸のネットワークを利用した小口荷物の輸送です。

最初は赤字続きだった宅急便事業でしたがヤマト運輸はこれに企業のもてるもの全てを投入し、試行錯誤ののち宅急便の分野で2位以下を大きく引き離す圧倒的なトップの座を手に入れました。

ヤマト運輸の引越事業

このようなヤマト運輸の引越し事業ですが、どうしても宅急便に比べて目立たない印象があります。

ただ、ヤマト運輸自体は脱宅急便路線に向けて取り組んでおり引越し事業もそのための柱の一つとなっています。

飽和状態になったといわれる宅急便市場だけでなく他の収入源を手に入れるのはヤマト運輸の永続的な発展を磐石にするために必要な戦略でしょうし、引越し事業がそのうちの一つになるのは確実でしょう。

ヤマト運輸の宅急便作業スタッフはセールスドライバーと呼ばれていますがこのセールスドライバーは営業だけでなくあらゆる作業をこなせるため引越し事業に配置換えされても能力を発揮できるはずです。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


クロネコヤマト もくじ
  • クロネコヤマトの引越しサービス

    引越らくらくパック 引越らくらくパックはクロネコヤマトの引越...

  • ヤマト運輸の解説

    ヤマト運輸のあゆみ ヤマト運輸といえばほとんどの方がクロネコ...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved