良い物件の見つけ方

* インタビュアー藤田昇、以下「藤」。 お話を伺った小田康史さん、以下「小」で表記いたします。


藤: 小田さんはある事情から引越しを決めてから5日で物件を決めて契約までしてしまったそうなのですが、やはり新しい物件はかなり条件などを妥協したのですか?


小: いえ、そんなことはありませんよ。 名古屋の都市部のワンルームで月3万7000円で敷金、礼金なしです。


藤: それはかなり安いですね。 でも安い代わりにトイレなどが共用というタイプの物件なのでしょうか。


小: いえ、トイレもお風呂も部屋に付いてます。 ただ、北向きなので日が差さないのですけどね。


藤: それでも都市部でその家賃は安いですね。 何か良い物件を素早く見つける技術などはあるのでしょうか?


小: うーん、特になにか裏技があるわけではなく僕の場合は学生ですので日中に物件の下見などに時間をさくことが出来たことが大きいと思います。 あと引越し先もそれほど離れてませんでしたし。


藤: なるほど、では小田さんのようにある程度時間をさくことが出来て長距離の引越しでなければ誰でもごく短期間でも良い条件のアパートを見つけることができると考えてもいいのですね。


小: そう思います。 今は情報も多いですから。


藤: 小田さんは具体的にどのようにして物件を探したのでしょうか?


小: 僕は雑誌やネットで探しました。 特にネットの情報がよかったです。


藤: ネットではやはり有名検索サイトなどで探したのですか?


小: 僕はいくつかの情報サイトから選びたかったので、「○○(会社名) 名古屋」という感じで”大手会社の社名+土地の名前”で検索しました。


藤: なるほど、いくつかの有名な会社のサイトを見比べて探したのですね。


小: はい、主にはそうです。 中小会社のサイトも見たのですがやはり扱っている物件数が少ないんですよ。


藤: やはり大手の方がよい物件が多いのでしょうか。


小: うーん、一概には言えないと思いますが、僕の場合はこれだけは譲れない、という条件がいくつかあったのですが中小会社のサイトは条件で検索が出来なくて、物件ごとの条件に関する情報も少なかったんですよ。


藤: たしかに最後に下見をするにしてもその前にある程度は物件の情報を把握したいですよね。


小: そうなんです。 でも絶対に大手がいいとも言い切れないとは思います。 中小業者の扱っている物件は大手のサイトにはないものがいくつかありましたから丹念に見ていけば掘り出し物があったかもしれません。


藤: そうですね。 そして、その後いくつかめぼしいものを選んで不動産屋さんに連絡ですね。


小: はい。 このときにサイトに表記されている物件のナンバーを控えておくと話がスムーズにできます。 あと僕の場合は出来るだけ早く引越しがしたい、ということを最初に伝えました。 こうすることで向こうもそのように対応してくれました。


藤: なるほど。 急ぎの引越しの場合のポイントの一つですね。


小: そうですね。 ポイントといえばあらかじめ質問することを決めておくこともよい物件を見つけるポイントかな、と思います。

連絡したあとその不動産会社へ行って担当の方の車で物件の下見をしたんですが、この下見の移動中や下見のときに不安な点や気になる点などをどんどん質問していきました。

やはり向こうも不利な点はあまり積極的には言わないんですよ。 でも質問すればちゃんと答えてはくれますので。


藤: 具体的にはどのようなことを質問したのですか?


小: まず壁の厚さですね。 僕が前に住んでいたアパートは信じられないくらい壁が薄くて隣の人に気を使いましたから。

あと、退去する場合はどれくらい前に言わなくてはいけないかも聞きました。


藤: なるほど賃貸契約の解約予告の告知期間の確認ですねダブル家賃の発生防止にもなりますね。 他にはありますか?


小: あとは今回契約した物件のように敷金や礼金がいらない物件は退去時に何らかの料金を支払わなければならない場合がありますのでそこも聞きました。


藤: あ、そういう物件もあるんですね。


小: ええ、やはり敷金や礼金がない分どこかで帳尻を合わせることも多いんですよ。 全てではないんですけどね。

あと同じように保証人が要らないという物件では毎月家賃とは別に保証料金が発生する場合がありますのでそういった物件を借りる場合は必ず聞いたほうがいいです。


藤: 他に気をつける点などはありますか?


小: 物件によっては昼は問題なくても夜になると騒音がしたり怖そうな人が歩き回っていたりする物件もありましたので、なかなか難しいとは思いますができるなら、昼と夜の物件の周りの環境も下見するといいですね。


藤: あと物件探しについておっしゃいたいことなどありましたらお願いします。


小: 物件探しで失敗しないために一番重要なことは複数の物件を実際に見て回ることだと思います。

不動産屋さんにあらかじめいくつかの物件を下見することを伝えてある程度時間をかけてさがせば必ずいい物件があると思います。

あ、でも完全に自分の希望にあった物件はまずないと考えていいですから自分のここだけは譲れない条件をまず決めてそれ以外は柔軟な姿勢をもつことも大切だと思います。


藤: 参考になりました。ありがとうございました。

お勧め情報

● 引越しの一括見積もり

数社の見積もりをする時間が取れない。
見積もりに来てもらった会社を断れない。
という方にはインターネットを使った相見積もりがオススメです。無料で資料請求ができます。


● 今、フレッツ光を申し込むと盛り沢山の「お得なキャンペーン」が適用!

引越し後のインターネット回線はフレッツ光がお勧めです。

NTT東日本、西日本 正規販売代理店ですので何かと安心できますし、

月額利用料最大2ヶ月無料となっています。


小田さんの迅速物件探しのお話 もくじ
  • 物件を探す際のポイント

    * インタビュアー藤田昇、以下「藤」。 お話を伺った小田康史...

  • 良い物件の見つけ方

    * インタビュアー藤田昇、以下「藤」。 お話を伺った小田康史...



  • お引越ならアート引越センターへ

    ゴミゼロの引越を目指します。 引越をもっと楽に、もっとエコに。

    Copyright © 2007-2009 引越し準備これで大丈夫!. All rights reserved